rafting

ラフティングについて

最大8人乗りの大型のゴムボートに乗り込み、ガイドの指示に従いながら皆で力を合わせ、激流を下っていくレジャースポーツであるラフティング。激流に挑戦するときのスリルと乗り越えたときの達成感は何ともいえません。アメリカで発祥したこのスポーツは現在、日本においても注目を集め近年では小学校から高校などの学校機関において授業の一環として取り入れられるケースもあるのです。

ラフティングの歴史

そもそもラフティングとはいつから始まったスポーツなのでしょうか。19世紀~20世紀初頭のアメリカでは木製のボートを使用して川下りを行っていました。そして第二次世界大戦後には現在のようなゴムボートで行われるようなラフティングが確立し、徐々に世界に普及し始めたのです。1950年代からはボートをより安全に扱えるようにデザインや素材の開発が進められ、ボートに溜まった水を自動で排出する「セルフベイリング・システム」はラフティング界を揺るがす大きな発明でした。さらに近年では耐久性や操作性も増して、より安全に楽しく川下りを行うことができるようになっています。

女性も気軽に楽しめるスポーツ

ラフティングは水しぶきを浴びて川の激流を下るためワイルドなスポーツと思われがちです。しかし、意外にも女性にも人気の高いスポーツなのです。激流に乗って大絶叫すれば日頃のストレスの発散にもなります。さらにコースによっては快適に楽しめるため、女性でも安心して楽しめるのです。


栃木にてラフティング体験を行うなら弊社へお任せください。自然豊かな日光、鬼怒川の爽快ラフティングツアーを行っております。水しぶきを浴びながら渓谷を下っていく爽快感はとても魅力的です。初心者や小さなお子様連れの方でも存分に楽しむことができますのでお気軽にご参加ください。また、他にもカヤックやシーカヤックなどのアクティビティも用意しております。希望者には温泉もご案内しておりますので、心身ともにリフレッシュすることができます。

page top